【信玄の湯 湯村温泉 常磐ホテル 】和の情緒”八雲”に宿泊

温泉の宿
この記事は約3分で読めます。

どーも、かるごです。

今回は山梨県にある【信玄の湯 湯村温泉 常磐ホテル 】に、二泊三日で宿泊してきました。

2021年も、もうすぐ終わる12月末日。

結婚当初一度泊まった、信玄の湯 湯村温泉 常磐ホテル 】。

そのときの良かった思い出が忘れられず、もう一度訪れてみました。

昭和天皇や今上天皇など、皇室の方もご利用になる離れの客室。

文豪ゆかりの客室には、山口瞳や松本清張・井伏鱒二などの作家が定宿にしたお部屋も。

米・日本庭園情報誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で3位になった、見事な日本庭園。

信玄の隠し湯とも伝えられる由緒ある温泉。

囲碁や将棋など、「番勝負」が行われる離れの部屋「九重」。

信玄の湯 湯村温泉 常磐ホテル 】に到着すると、外観は大型ホテルのような雰囲気が。

さっそく、フロントから見える日本庭園。

かなり広めなフロントには、昭和天皇が来たときの写真もありました。

今回予約したプランでは、「八雲」・「九重」どちらの部屋になるかわかりません。

ボクとしては、前回泊まった思い出深い「八雲」に宿泊できると嬉しい…。

せっかく二日間宿泊するので、恐る恐る今回泊まる部屋を聞いてみました。

すると、「八雲になります」という返事が。

ラッキー♪です。

念願の「八雲」に二日間滞在!

ホッと胸を撫で下ろしつつ、離れへと向かいます。

回廊を歩くと、ホテルとは違い旅館の佇まいが伝わります。

別世界へ、と言ったところでしょうか。

ボク一押しのお部屋なので、今回は写真が多めです。

スポンサーリンク

【信玄の湯 湯村温泉 常磐ホテル 】お部屋の様子

まずは、玄関から。

玄関を上がったところだけでも、かなりの広さです。

さっそく部屋に入ると、12.5畳+8畳のゆったりとした和の空間。

三部屋ある角には板の間があり、ソファーが並んでいます。

前に一度来たときには、藤椅子が置かれていました。

ガラス戸と障子の二重構造で、障子を全部解放することも可能。

冬は寒いので、障子を閉めました。

雪見障子になっているので、下部分を上へあげるとガラスになります。

コチラは今回、就寝用の部屋に使用。

布団なので、本間での就寝も可能です。

各部屋に暖房が付いているので、どこでも暖かいのが助かりました。

この部屋から露天風呂へと続いていて、温泉に浸かっては寝るといった贅沢が堪能できます。

源泉掛け流しの露天風呂は、石造り。

前回、泊まったときの記憶が甦ります。

和の情緒がたまりません。

温泉の質も、体感的にとても良かったです。

四季折々の自然と一体化した空間に、心から癒されます。

朝目覚めてから、冷え切った身体を芯から温めてくれる温泉。

部屋の縁側に出ると、池越しに中庭が広がっています。

鯉が出迎えてくれました。

この場所で、ボンヤリしながらお茶すると落ち着く…。

池に囲まれた部屋では、水の流れる音や風の音が感じられます。

今回、泊まったプランはこちら☟

コメント

タイトルとURLをコピーしました