一休で行く【富士山を望む宿・富岳群青】

温泉の宿
この記事は約4分で読めます。

決定権と財力のないボクは、いつも稼ぐ妻に感謝しています。

2月になったぐらいの寒気の中、妻が「温泉に行きたい」と一言。

妻のコトバを合図に、一休.comで【世界遺産 富士山を望む宿 富岳群青】に予約しました。

決め手になったのは、木村拓哉さん主演ドラマ「グランメゾン東京」。フレンチ店のドラマです。

欠かさず観ていて、夕食にフレンチが出る【世界遺産 富士山を望む宿 富岳群青】に決めました。

あとはやっぱり、部屋から見える富士山が魅力的。

しかしココ最近の温泉旅行は、必ずと言っていいほど雨に降られます。

週間天気予報と睨めっこしていると【富岳群青】に行く日は雨が降り、気温は高めとの予想でした。

またか…。」という不穏な空気。

前回【富岳群青】に泊まったときには見れなかった富士山。今回も、富士山を見るのを諦めムードで行きました。

ですが、なんと奇跡の富士山が見れるとは!

気になる部屋着や食事など、写真と一緒に載せてます。

一休.comでのお得な情報もあるので、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

【富岳群青】少し早めに着き、”海の丘”から窓の外を眺めると見えてくるモノは日本一⁈

この日は妻の仕事もなく、ゆったり、のんびりなドライブ。

知人へのお土産も先に買い、いざ【富岳群青】へ。

pm3:00チェックインなんですが、少し早めに到着。

待合室での時間を、金鍔きんつばとお茶のおもてなしです。

前回泊まった部屋と一緒だったら結構ショックだなぁと思いきや、今回は違う部屋でした。

『海の丘』です。

窓の外を眺めると、なんと奇跡の富士山が!

天気もよくなり、晴れ間までよく見えます。

富士山の隣の雲は「吊るし雲」といい、明日は雨の合図

まるで、天空の城ラピュタに出てくる「龍の巣」のようです。

部屋はモダンで、黒が特徴的

前回泊まった部屋は、なんだかカラフルだった印象が…。

富岳群青】は部屋によって、イメージがガラリと変わります。

何度来ても飽きないのが、リピーターの理由。

今回の部屋”海の丘”。広くて、クツろぐには最高の部屋でした。

【富岳群青】部屋の冷蔵庫の中身は、すべてタダ!

富岳群青】では部屋にある冷蔵庫の中は、どれを飲んでもタダです。

アルコールや牛乳、プリンまであります。

牛乳は地元の土肥牛乳でノドごしはサッパリ、風呂上りには最高

プリンも専用のキャラメルをかけていただき、プリン好きにはタマらない一品。

冷蔵庫の中身だけでも、全部飲みきれないほどの量です。

さらにネスカフェのコーヒーや紅茶、抹茶なども全てフリー!

半分も飲みきれません。カフェイン中毒にならないよう、注意が必要です。

でもこのネスカフェで入れるコーヒーが、またウマイんだなぁ。

【富岳群青】露天風呂から眺める富士山、絶景の一言、風呂上りに横になる

部屋付きの露天風呂は、こんな感じになっております。

風呂上りに横になれる場所もあり、温泉で温まった身体を冷ますのに最適。

露天風呂に出たり入ったりすることで、脳のヒラメキを活性化できる人もいるそうです。

ボクには微妙でした…。

何もしない」をテーマに【富岳群青】に訪れましたが、今回は雑念にやられました、もったいない。

何もしない」を意識しすぎて、逆に普段のイヤなことを思い出してしまうハメに。

禅やマインドフルネスで解消せねば、まだまだ未熟です。

写真だと遠くに見える富士山。

今回はこの景色のおかげで、「今、ここ」になんとか集中できました。

富岳群青】、恐るべし…。

【富岳群青】部屋着は過ごしやすいパーカー

部屋着パーカーです。他の宿ではあまり見ませんね。

ラフで過ごしやすく、オリジナリティがあります。濃紺とシロのコントラストも素敵。

年配の方から若い人まで、似合う部屋着ですね。

これもリピートの一つです。

気になったとしても、他のお客さんと会うことはほとんどありません

そろそろ小腹も減ってきたので、夕食に向かいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました