温泉旅館【御宿TheEarthジ・アース】やっと予約が取れました

温泉の宿
この記事は約4分で読めます。

ようやく予約が取れたので、【嵐を観る宿 御宿 The Earth】に行ってきました!

今までに何度か試みて、なかなか予約が取れませんでした。

一休.comで、露天風呂付き客室の宿を40軒ほど利用しています。

その中でも【御宿TheEarthジ・アース】は、全てにおいてクオリティの高い宿でした。

まさに、地球を感じる宿です。

浴衣も個性的で、今までと一味違う宿でした。

スポンサーリンク

【御宿TheEarthジ・アース】なぜ予約が取りにくい?

それもそのはず、リピーターの方が多いです。

泊まりに来たその日に、次回の予約をされていく人もいるそうで…。

日程が合わないと、キャンセル料がかかる前に予約を取り消します。

なので土曜や祝日前は、なかなか予約が取れません。

【御宿TheEarthジ・アース】穴場は平日

しかし、「平日は空きがありますよ」とスタッフの方に言われました。

ウチは平日の仕事を休んでまで、今の生活が維持できるほど富裕層ではありません。

なかなか、平日に来るには厳しい…。

平日の来れる人は、ラッキーですね。

【御宿TheEarthジ・アース】今回なぜ予約が取れたのか?

でも今回は[即位制定の儀]があり、ボクの会社は土曜〜火曜日までの4連休でした。

月曜は祝日ではなかったので、意外と予約が取れたのかな?

でも妻の会社は出勤日で、午後半休を取ってもらいました。

やはり土日の【御宿TheEarthジ・アース】の予約は、なかなか取りづらい印象です。

【御宿TheEarthジ・アース】チェックイン時間を間違える

今まで行った温泉旅館は、だいたい15時のチェックインでした。

なので【御宿TheEarthジ・アース】も、同じだろうと勘違い。

家を出る直前にメールをチェックしたら、なんとチェックインが14時!

うわーっと、あせりながら急いで【御宿TheEarthジ・アース】に向かうことにしました。

最近の温泉旅行は安定の雨です 【御宿TheEarthジ・アース】

この1年を振り返って今年の温泉旅行は、ほとんどが雨模様です。

今回も台風20号が温帯低気圧に変わり、スゴイ雨が降ってました。

道中、クルマはかなり走りづらかったです。

雨の日にクルマで行く場合は、お気をつけを。

【御宿TheEarthジ・アース】208号室に宿泊

クルマで細い一本道を道なりに行くと、【御宿TheEarthジ・アース】にようやく到着!

館内はかなり広く、客室は全16室と少なめ。

清潔感があって入った瞬間、人気の高さを直感で感じました。

まずは、スパークリングワインと那智の黒豆で乾杯!

アルコールが苦手な方はノンアルもあり、もちろんボクたちはノンアルです。

今回、プレミアムスウィートの208号室に宿泊。

というのも予約のときに、208号室しか空いてませんでした。

208号室は専用キッチンを備えていて、夕食は久しぶりの「部屋食」!

テンションが上がります。

部屋もかなり広く、バルコニーにある露天風呂も解放的で魅惑の景色。

部屋のフスマをすべて解放すれば、和室との融合でさらに部屋の広さが強調されます。

今まで泊まった宿は部屋が広くても露天風呂が狭かったり、景色がイマイチなところもありました。

そこはさすが【御宿TheEarthジ・アース】、全てにおいて文句の付け所なしといった感じです。

【御宿TheEarthジ・アース】 浴衣もステキ

浴衣も個性的で、今までにない感じ。

デザイン性もあって、【御宿TheEarthジ・アース】をとことん楽しめます。

好き嫌い分かれそうな浴衣ですが、ボクはめっちゃスキ。

「非日常を味わう浴衣」、といった感じでしょうか?

 待ちにまった夕食

朝から、ほとんど何も食べないで来ました。

露天風呂に入りながら空腹をまぎらわしつつ、夕食が待ち遠しい…。

18時になり、いよいよ専用キッチンでの部屋食です。

味も全体的に薄味です。

専用キッチンで最後の仕上げをしたアワビも、肉厚で歯応えが抜群。肝ソースとのハーモニーがグッド!

お造りの伊勢海老も大ブリで、口の中イッパイに広がってなんともいえない贅沢。

牛ロースも程よい脂。

コレに夜食も付いて、食事の量も適量でした。

仲居さんとの会話も弾みます。

海の幸と厳選された肉のウマさをあわせ持った、三重県ならではの夕食でした。

雨、風強くなる中の就寝

部屋へ帰ると、外は雨。

風がどんどん強くなっていきます。

ボクたちは部屋の中で、快適な就寝を楽しみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました