【エアトリ、キャンセル方法】夏の海外旅行にいけず、国内線をキャンセル

旅行
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

毎年楽しみにしている、年に一度の海外旅行。

今年はポーランドへ行こうと、国内線や旅行会社を早々と予約。

ところがみなさん、ご存知の通り、コロナの影響で旅行自体がなくなってしまった。

旅行会社、航空会社共々、コロナの影響で不況になり、キャンセル料が返ってこないかもしれない危険性の中、どうしても妻は海外に行きたいと、キャンセルをギリギリまで待った。

スポンサーリンク

阪急交通社さんの神対応

例年と同じく、今年も阪急交通社さんで旅行を計画。

6月末に「今回の旅行は、中止になりました。」と連絡を受けた。

ボクもちょっとネバって、「アジアとかもいけないんですか?」と質問。

「無理です。」と返答をもらった。

そりゃそうだ。

前金で払っていた十数万円を返金とのこと。

返金は当たり前かもしれないが、不況の中、キャンセル料未払いとかチラホラ聞きますが、ちゃんと全額返ってくるということでホッと胸を撫で下ろす。

経営も厳しい中の返金と、早めのキャンセルの知らせに、神対応を感じた。

国内線は、エアトリで予約

国内線は、エアトリで予約。

今まで飛行機をキャンセルしたことないので、何だか、めんどくさそう。

往復を、JALとANA別々の航空会社で予約したので、キャンセルの手間がかかるのかなと思いきや、エアトリで全てキャンセル出来たので意外と手間はなかった。

エアトリ、キャンセルまでの流れ

肝心なのが、エアトリと取引したメール。

自分のメールアドレス1つしかないよ、という人はいいですが、ボクみたいメールアドレスを3つも4つも持っていると、どこで取引したか分からなくなるので注意を。

そんなとき役に立つのが、gmailのスター機能。

gmail、便利な機能スター付き

このスターをクリックしとくことで、あとで見やすくなる。

スター付きの検索のやり方は、

「メールを検索」横の3本線をクリック。

このスター付きをクリックすると、スター付きのみが表示されるので、あとで検索するときは楽になるかと。

肝心のエアトリの取引履歴に、

このような表示があると思うにで、赤枠内のリンクをクリックして、キャンセルフォームに必要内容を書き込む。

これが、めんどくさい。

必須部分に、必要事項を入力。

赤線の区間は、片道でしたら区間1、往復でしたら区間2となります。

あとは、ご自分の電話番号とメールアドレスを入力して、「確認画面へ進む」をクリックすれば、ご自分のメールアドレスに確認メールが届きます。

次の日にはキャンセルが確定。

意外とはやかった。

気になるキャンセル料は

ここで気になるキャンセル料ですが、ボクの場合は、払った金額の4分の1くらいしか戻ってこなかった。

飛行機に乗ってもないのに、なんだかムナシイ…。

取引する際の規約で、取引手数料やらなんやら引かれるので仕方ないか。

誰か、手数料が少ないサイトをお知りでしたら、教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました