赤福「朔日餅」12月は”雪餅”食べた感想

ボクなり幸福論
この記事は約2分で読めます。

三重県の伊勢にある伊勢名物「赤福」。

お餅の上にこし餡が乗った、みんなが喜ぶお土産の一つ。

そんな「赤福」に「朔日餅ついたちもち」という、毎年の1月を除く毎月1日にしか食べられないモノがあります。

スポンサーリンク

赤福「朔日餅」の由来

三重県の伊勢市周辺には、毎月1日に伊勢神宮に参拝する「朔日参り」という風習があります。

前月の無事を感謝するとともに、当月の無事を祈る「朔日参り」。

1978年2月1日から、「朔日参り」の参宮客をもてなすために始まったのが「朔日餅」。

赤福で培った技術で、季節ごとの餅が楽しめます。

赤福「朔日餅」12月は“雪餅”食べた感想

12月の「朔日餅」は、暦の上では「大雪」ということで、大地に雪を降らせた“雪餅ゆきもち”。もろこし粉と餅で練った生地にこし餡を包み、もち粉で雪を表現している。

もろこし粉のモロコシは、トウモロコシとは違う穀物です。モロコシは非常に栄養価が高く、食物繊維やミネラルが豊富で、抗酸化作用がありアンチエイジングに良いとされています。モロコシを品種改良したのがトウモロコシです。

”雪餅”を食べた感想は、赤福独特の柔らかいのオイシイお餅に、程よい甘さで飽きのこないこし餡、パリッとした食感のもち粉で表現した”雪”が良いアクセントになってました。

赤福好きには、同じく愛される一品だと思います。

赤福「朔日餅」 まとめ

朔日餅」は、毎月1日にしか食べられず、日持ちもあまりしないことから、希少性の高い商品です。

ボクは、たまたま妻の仕事の関係で食べることができました。赤福がもともと大好きで、12個入りを一人で三日間くらいかけて食べるほどスキです。消費期限も、夏場製造日込み二日間製造日込み三日間なので、結構ギリギリ、もしくは消費期限を過ぎても食べてたほどです。が、最近では、太るを理由になかなか買ってもらえません、残念。

朔日餅」は、百貨店などでも購入できるので、たまたま行った日が1日だったらチャンスですよ。

これからも、縁起物の「朔日餅」をリサーチしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました