エレベーターと隣の奥さん

ブログ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

エレベーターで、目的の階層についた。
ガラス張りで、目の前に、となりの奥さんがたっていた。

スマホをみている。

こちらに、まったく、気ずいていない。

扉が開いた瞬間、ぼくは、どうしようか考えた。

平成ノブシコブシのように、わきを鳴らして、踊ろうか?
ひとり言を、でかい声で、しゃべろうか?

「わかってました。」顔で、冷たくあしらわれたら
どうしよう?

開いた瞬間、

「こんにちは!」

と、言ったら、30センチぐらい飛んで、のけ反った。

ぼくは、

(この人は、学生時代、運動部だったのか。)

と、おもった。

クオリアですね。(茂木先生、すいません。)

はい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました