【Cheesecake Holic】魅惑のチーズケーキ注文!

イベント‐記念日
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

3年先も予約困難で、ご自身お名前を冠にした東京・広尾にあるレストラン”長谷川稔”。独学でイタリア料理を勉強し、ミシュランの一つ星にも輝いたキャリアを持ち、数々の賞を総なめにした経歴の持ち主。

今回は、その長谷川稔氏が監修するチーズケーキ【Cheesecake Holic】のチーズケーキをせっかくなので、妻の誕生日ケーキにチョイス!

Cheesecake HOLIC | 長谷川稔総監修チーズケーキブランド
Cheesecake HOLICは、シェフ長谷川稔がプロデュースしたチーズケーキブランドです。チーズの濃厚なコクと旨み、ほのかに感じる爽やかな柑橘の酸味。是非、幸せの感動体験を。

箱を開けた瞬間から漂う、禁断のウマイ匂い…。

今年はこの【Cheesecake Holic】のチーズケーキで、妻をサプライズしたいと思います。

スポンサーリンク

【Cheesecake Holic】チーズケーキ2種セット(クリーム/カマンベール )で食べくらべ

【Cheesecake Holic】のチーズケーキ、クリームとカマンベールを注文。

箱もオシャレ。開けてみると、

このように紙で包まれ、高級感が漂う。

紙を解いてみると、ほのかなチーズの香り。

冷凍で送られてくるので、7時間ほどの冷蔵庫の解凍で食べられる。でも今回は、仕事の都合で冷蔵庫に移して14時間くらい経ってしまった。けれど、解凍時しすぎて水が出なかっただけ良しとしよう。

ちなみに、注意書きはコチラ↓

冷蔵庫で解凍して、24時間以内だからセーフ。

【Cheesecake Holic】チーズケーキ・クリームを試食

まずは、クリームチーズを試食。

左がカマンベールで、右がクリーム。見た目に濃厚さが出てる。

クリームを一口食べた瞬間、クリーミーなチーズに爽やかな柑橘系の香りがして、また一口、また一口と食べてしまう。

それもそのはず、厳選されたチーズを使用。

普通チーズケーキには欠かせない生クリームを極限まで減らし、北海道滝上町産、無添加のフレッシュチーズ「月のチーズ」を使用。

そしてもう一つ、美味しいチーズケーキに欠かせないレモンは一切使わず四国産の小夏、はるか、ライムを使用。酸味と苦味で口の中がリセットされ、無限ループのようにまた食べてしまう。

生産者産に寄り添って、どんな思いで生産してるかを聞き、そこからも発想を得ているそうです。

【Cheesecake Holic】チーズケーキ・カマンベールを試食

お次は、カマンベール。

もう箱を開けた時から、なかなかなチーズの香り。

チーズ好きのボクでも、かなり強烈。これは、もう一種類あるブルーだとどんな衝撃が待ち受けるのか?一度試してみたい。

フランス・ノルマンディ産の高級カマンベールチーズを使用。カマンベール特有の土香と、バターやクリームのようなコクで、まさに大人のチーズケーキ。

チーズがきつめに感じる人は、クリームと混ぜて食べることをオススメ。絶妙な禁断が味わえます。

【Cheesecake Holic】チーズケーキ 贈答用など取引先などにも重宝

冷凍のままだと30日間保存が効くので、取引先など仕事しよにも便利かと。味や価値にうるさい社長さんには持ってこい。

お試し感覚で、ハーフサイズもあります。

ボクが注文した2種セットはコチラ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました