【サプライズ】10年続けると、こうなりました。

イベント‐記念日
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

結論、サプライズを10年続けると、もはやサプライズではない。以上。

スポンサーリンク

近所の花屋をまわる習慣

ガラにもなく、結婚記念日に妻に花束を送っている。

花も枯れてしまうので、妻も「もういいよ。」と言っているのだが、なかなかやめられないサプライズ。

妻の「もういいよ。」をあてにして、サプライズをヤメたときの妻のオーラに、恐怖を感じています。

ジジィになってもやってるのかな?

恥ずかしがり屋のボクは、近所の人に花束を持っている姿を見られないか?

毎年この時期、ビクビクしている。

毎年、花束を買う花屋を変えているので、近所の花屋をいろいろ見てまわっている。

花屋によって個性があり、気に入った花屋は結局近くのスーパーにある花屋。

しかし、去年「花束は予約してください。」と言われ、

めんどくさくて今年は違う花屋にした。

定員さんのおまかせ

定員さんに、「記念日ですか?奥さんに?」と聞かれ、「はい。」と返答。

「どういった感じにしましょう?」とは聞かれず、定員さんまかせね、と思いながら店内で待つ。

女性に送るということで、やたらとピンクをチョイス。

妻はバリバリ仕事するタイプで、あんまりピンクはスキじゃないんだけど…、と思いつつ、小心者のボクは定員さんに言えない。

包みもピンクで、定員さんの好意なんだろうなと感謝の気持ちを伝え、今までにない花束に、少し微笑ましさを感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました