忌野清志郎[day dream believer]今は亡き母への想い

ブログ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今日、たまたまラジオで

忌野清志郎さんの[day dream believer]が

流れていた。

よく聞き慣れた曲だったけど、

ラジオのパーソナリティの人が、

「この曲は、忌野清志郎さんが亡き母へ

送った曲です。

よく、彼女への曲と勘違いされるけど、

忌野清志郎の生みの親は、彼が3歳の

ときに亡くなり、その後、継母がずっと育て

てくれた。

面倒を見てくれた継母も、1986年に他界。

忌野清志郎さんは、そこで初めて両親が

生みの親ではないと知らされる。

そんな母への想いを歌にしたのが

この曲です。」

と、紹介していた。

ボクは、はじめて知りました。

そんな曲とも知らず、何かノホホンと

した曲だなぁ、と思っていた。

その本当の意味を知った今は、

彼の母への想いが、暖かく伝わるとともに、

何かノホホンとしているのも、間違いでは

ないのだなと思いました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました