たまに行きたくなる【いきなりステーキ】、ピンチをチャンスに

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

たまに食べたくなる【いきなりステーキ】。

最近、あまりいい話を聞かない。

安くてウマイ肉が食べられる店もなかなか無く、個人的にはお店が潰れて欲しくないので、定期的に【いきなりステーキ】に通いながら、店の変化を観察しに行ってみた。

スポンサーリンク

立ち食いスタイルもなくなり、肉の量り売りもなくなった

以前は、ステーキの立ち食いスタイルが珍しく、珍しい物見たさに初めて行った【いきなりステーキ】。

ところが今では、カウンターだろうがなんだろうが席が備え付けてある。客足も遠のき、回転率があまりよくないせいか?

でもまあ、座って食べるのも落ち着いて食べられるので良しとしよう。

肉の注文の際、以前は量り売りで200gと頼んでもその場で肉を切るので、230gとかになったり。

でも、肉好きならこの余分な30gがうれしく、もちろん量り売りなのでその30gの料金は支払うのだが、ボクの中では、心おどるはみ出し部分だった。

ところが今回、肉の注文に行くと、好きな肉の部位とグラム数を店員さんに告げると、量り売りではなく200gなら200gちょっきりの肉が出てきた。

あの、心おどるはみ出し部分がなくなり、なんだか少し寂しくなったボクがいた。

注文した肉が届き、食べ進めるとある変化が?

注文したサーロインの200g。

見た目にはなんの変哲もないのだが、付け合わせの量が少なくなった気がした。

見た目になんの変哲もないこの画像が、半年以上前の画像だからなのか?

そうです、以前に撮った画像があったので、今回は写真撮らなくていいやと手抜きをしてしまった。

なので比較が大変難しくなってしまったのだが、この画像のように付け合わせのコーンや玉ねぎがモリモリではなくなっていた。

さすがに、肉の量や質を変えてしまうとインパクトが強すぎるので、こういった付け合わせを減らすことで、経費削減をしているのか?

残り続けて欲しい店【いきなりステーキ】

安くて質の良い肉を提供してくれる【いきなりステーキ】。

でも、やっぱり安売りだと利益率が悪く、その利益率の悪さをカバーする為、回転率を上げるしかなく、立ち食いスタイルで回転率を上げていたのだが、なぜか客足が遠のいて立ち食いスタイルも無くなってしまった。

並ぶのがキライな僕たち夫婦は、並ばないなら立ちでもいいか、と思っていたけど、やっぱり立ち食いはお客さんへの不便なので、不便がなくなったのは良いことなのか?

利益率の悪さをカバーする店舗拡大も、客足が遠のいたせいか、今現在では店舗縮小に転じてしまった。

最近では食べ放題をする店舗も出てきたという記事を見たけど、安売りに拍車が掛からないか心配だ。

いっそ、高級路線はどうだろう?

と言っても素人のボクが心配してもしょうがなく、ピンチをチャンスに変えて頑張ってほしい。

安くて質の良いウマイ肉が食べられる【いきなりステーキ】。

ボクたち夫婦は【いきなりステーキ】がスキなので、これからも通い続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました