【一休で行く一壺天】由布岳と味わいある個室で食べる地元食材”由布院”

温泉の宿
この記事は約3分で読めます。

大分県由布院の【湯富里の宿 一壺天いっこてん】に、一休.com二連泊してきました。

雄大な由布岳ゆふだけに見守られながら、地元食材をフンダンに使用した料理を味わいある個室で堪能。おおいた和牛食べ比べプランで、おおいた豊後ぶんごをいただきました。

今まで宿泊した中で一、二を争う料理無色透明、無臭で美肌になる由布院の温泉が、部屋付き露天風呂で楽しめます。

壷の中に入って別世界の楽しみを得たという、後漢書の故事から名付けられた【一壺天いっこてん】。

全室露天付きで1日10組限定、ペット可の部屋もありました。

今回宿泊した部屋は、由布岳ビュー和室メゾネットの「松葉」です。

スポンサーリンク

【一休で行く一壺天】純和メゾネットタイプの部屋と良質な温泉・アメニティ・部屋の設備

由布岳ビュー和室メゾネット「松葉」

部屋は和室メゾネットで、2階に寝室があります。玄関をくぐると、心地よいお香の香りに包まれました。

純和の部屋にはステンドグラスがあり、窓から入る隙間風で換気もよかったです。ガスストーブがあったので、寒さ対策もできました。ソファーがないので畳の上で夫婦で雑魚寝。2階から降ろした毛布にくるまって、むかし懐かしい滞在になりました。今では珍しい喫煙可の部屋だったので、喫煙者にはうれしいですね。

2階から見える由布岳は圧巻。シンボルとして由布院の街を見守る。最終日には寒気の影響で、うっすら雪化粧が見れました。

久しぶりの布団での就寝。快眠で目覚めもよかったです。

肌にやさしい温泉・アメニティ・部屋の設備

寒さが増すなか部屋付き露天風呂で、熱めのお湯が体の芯から温めてくれます。無色透明・無臭で風呂上がりには肌のきめ細やかさが際立つ。洗い場は同じく外にあるので、寒さに堪えたあとの温泉も気持ちよかったです。

冬の早朝には湖面から湯気が立ち上る幻想的な光景が人気の金鱗湖きんりんこ。朝早いので行けませんでしたが、早朝の部屋付き露天風呂から立ち上がる湯気も幻想的でした。

アメニティは最近泊まった宿のクオリティが高かったせいか、少し見劣りしました。けれど、こだわったミキモトのヘア・ボディケアなど設備も充分です。

冷蔵庫の中はフリーで、コーヒーや煎茶つぶらなカボスジュースもいただきました。

【一休で行く一壺天】味わいある個室での食事

1日目 【特撰A4ランクおおいた和牛食べ比べ】ステーキVSしゃぶしゃぶプラン

初日の夕食は、おおいた和牛の食べ比べプランをいただきました。ステーキvsしゃぶしゃぶは、しゃぶしゃぶの勝利オリジナルのゴマだれが決め手です。

初めて食べた新鮮なサバの刺身。地元で捕れる関サバは脂がのって身の締まり・歯応え抜群で、ヤミツキになりそう。アニサキスの心配もいりませんでした。

本館にあるカマクラみたいな入り口の味わいある個室。周りの音も気にならず、プライベートな空間で食事を楽しみました。

翌日の朝食も程よい量で、地域で提供される野菜が新鮮でした。白みその味噌汁が九州らしさを感じ、料理との相性も抜群です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました