ボクが、人生で影響を受けた【漫画】3選!最近の【漫画】も知りたい!

Amazon
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

人生で影響を受けた漫画

えーと、寒さが和らがない毎日。今はまだ2月ということで、そろそろ暖かくなりつつあるのかなと。

今回は、マンガをご紹介します。

ただのマンガではございません。

ボクが、勝手に影響を受けたマンガです。

三つご紹介したいと思います。

なお、順番は関係ありません。自分が並べたいように並べただけです。

スポンサーリンク

バカボンド

言わずと知れた[スラムダンク]の著書、井上雄彦先生のマンガです。マンガでの、あの感動の伝わり方はスゲーなぁといつも感心しております。

この[バカボンド]は、剣豪、宮本武蔵の話です。でも、ボクにはただの武士マンガではなく、人生そのものだなぁと何回も読み返しております。

強さとはなにか?天下無双とは何か?そんな疑問に天下無双、柳生石舟斎は、「天下無双とは、ただの言葉じゃ」と答える。

「海を泳いでいる最中に、海の広さは分からんよう」とか、「目を閉じれば、そこは無限じゃ」など、難しいけど、なんだか分かるような気がして。この、強さとか、天下無双の部分を自分の何かに置き換えれば、自ずと答えは見えそうです。ちなみに、11巻参照です。

【リアル】もスキな作品です。

知らない世界をマンガを通じて触れられるので、とても勉強になります。

ベルセルク

このマンガ【ベルセルク】との出会いは、15年くらい前でしょうか?深夜にテレビでやっていて、なんだかオモロイマンガがやってるな、と思い毎週欠かさず見てました。西洋の歴史、特に甲冑など着た時代の話がスキで、ファンタジー物語も大スキなボクはオモッきしツボにハマりました。

ファンタジー映画も大スキで[ロード・オブ・ザ・リング]や、[ハリーポッター]など観ましたが、このマンガ[ベルセルク]と相通ずるものがあり、作品に出てくる怪物や妖精なんかも、同じだったりします。

なんですが、ボクがこの[ベルセルク]で一番印象に残ってる場面は、なんと主人公ガッツがイシドロ少年に、稽古を付けているシーンなんですね。

まったくファンタジーとは掛け離れてしまいますが…。

そこで、ガッツがイシドロに

「何十年も修行して、達人にでもなるのを待ってから戦場に出るつもりか?」

「気の長げぇ話だな」

というシーンが、なんだか頭から離れず…。

ボクも、このブログをど素人で初めてますが、達人になるのを待っていたら、それこそいったい、いつになるやら。

その間に飽きてしまうかも知れない。とりあえず始めて、あとは無い知恵絞って考えれば、まあどうにかなるかなという思いで、今があります。

こちらもちなみに、24巻参照です。

EDEN

こちら[EDEN}は、兄の影響で読みました。

暇なときに部屋に置いてあり、手に取って読んだら、こういう世界観もあるのかとハマりました。

絵がはじめ、あまり得意ではないなぁと思いながら読み続けると、表現や言葉がとてもキレイな作品だと思いました。

自分が小さかった頃は、世界は自分のもので、大人になるにつれ自分は世界が作った小さな「かけら」だと気づく。でも、自分がいなくなれば、世界は確実にその「かけら」の一つを失うんですねぇ。

2巻参照です。

物語は近未来で、映画[マトリックス]やアニメ[攻殻機動隊]などがスキな人にはおススメ。

作者が、[エヴァンゲリオン]に全てをやられた、と書いてありましたが、[エヴァンゲリオン]の世界観とも似てるので、エヴァ好きにも受けるんではないかと。

世の中、美しいものや安全に溢れてますけど、その一方で残酷だったり自然は厳しかったりします。

そんなことを考えさせてくれる作品だと思います。

最近の新しいマンガはあまり知らないので、またリサーチできたら紹介したいです。

なにかオモシロいマンガありましたら、教えていただけるとありがたいです。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました