【ザ・テラスクラブ アット ブセナ 】沖縄で非日常と夢の空間

国内旅行
この記事は約5分で読めます。

どーも、かるごです。

今回は沖縄にある、【ザ・テラスクラブ アット ブセナ 】に2連泊しました。

まさに、非日常で夢のような2日間。

時間と空間を超え、時が止まったかのような錯覚すら覚えました。

ホテル全館がクラブフロアというスタイル。

健やかな島の食材を用いた食と、“海の癒し=タラソテラピー”の融合。

タラソとは、ギリシャ語のタラサ「THALASSA」=海を意味します。

タラソを利用した、さまざま療法のタラソテラピー

健康と究極の癒しを、とことん体験してきました。

はじめ、同じ敷地内にあるグループホテル【ザ・ブセナテラス】へ行ってしまう勘違いが…。

間違いに気づかず、優雅にロビーのテラスでくつろいでいると、どうも受付に名前がない様子。

間違いに気づいたスタッフが、「お客様、今晩【ザ・テラスクラブ アット ブセナ】にご宿泊ですね!」とカートで【ザ・テラスクラブ アット ブセナ】まで送ってくれました。

ザ・ブセナテラス】ザ・テラスクラブ アット ブセナ】の違いに気づかず、受付からバタバタしてしまい、大変申し訳なく思う旅の始まりです。

画像は左右へスライドしていただくと、いろいろ見れます。

スポンサーリンク

【ザ・テラスクラブ アット ブセナ 】クラブデラックス サンセットに宿泊

先ほどの間違いから仕切り直して、あらためてレセプションでのウエルカム【ザ・テラスクラブ アット ブセナ】。

ウエルカムドリンクは、身体の癒しを求めるデトックスなハーブスティーです。

夕日が大スキなボクたち夫婦は、クラブデラックス サンセットに宿泊。

クラブデラックス オーシャンよりも若干安く、お得に泊まることができました。

部屋から見える夕日

54平米のお部屋はたいへん広く、開放的。

室内に設置されたバスタブは使い方がよくわからず、なんとなくシャワーを浴びた後に入ってました。

ベットも広く、ボクたち夫婦は一つで十分です。

テーブルの上には、ハードめなお菓子と南国を思わせるウチワ。

クローゼットも広く、スーツケース二つもスッポリ隠れました。

コーヒーマシンで入れる香高いコーヒーは、優雅さを演出。

さすが、クラブサービス。

陽気な妻が、写り込んでしまいました。

お揃いで着ているアロハシャツは、アメリカンビレッジで購入。

開放的なテラスには、二人でくつろげるデイベット。

ココで食べられるインルームダイニングは、とても楽しみです。

今回予約したプランはコチラ☟

クラブデラックス サンセット(禁煙)

【ザ・テラスクラブ アット ブセナ 】アメニティ

大きな鏡と、広いパウダールーム。

使ったタオル類やバスローブなどは、朝夕2回清掃と同時に変えてもらえます。

使い心地の良いシャンプー類は、香りも良かったです。

女性が使ってうれしい化粧水なども充実。

ボクの大スキな、風呂上がりの綿棒もありました。

バスルームには、オーバーヘッドシャワーと手持ちのシャワー両方があります。

どちらも使い勝手良く、水圧も強め。

トイレも広く、洗浄機付きでした。

【ザ・テラスクラブ アット ブセナ 】屋外プールとタラソプールを堪能

屋外プールへは、1階コチラの扉から向かいました。

宿泊者専用の淡水プールです。

プールサイドにはデッキチェアがあり、日光浴や読書が楽しめます。

ペットボトルの水も完備されていて、水分補給もバッチリ。

海側へ近づくほど水深が深くなっていて、背の低い妻は溺れそうになっていました。

プールスティックというスポンジ棒があるので、泳げない人でも安心。

スコールの様な雨が降った後のインフィニティプールには、うっすら虹が見えました。

タラソプールは、開放的な屋外型多機能海水プール。

お部屋の専用キーでしか開かない扉から向かいます。

部瀬名岬で汲み上げられた海水を温め、33℃〜36℃の心地よさ。

水流ゾーンやジェットバス機能で、身体機能の活性化やリラクゼーションが楽しめます。

水流に逆らって歩いたり、ジェットバスで腰や肩などマッサージしました。

一通りの工程を終えるのにかかる時間は、だいたい1時間ほど。

夜も10時までやっていて、昼間と違うリラックスが得れます。

タラソプール

【ザ・テラスクラブ アット ブセナ 】ティータイムサービスとアペリティフタイムサービス

1階にあるライブラリーラウンジ&バーでは、午後はティータイムを、夕暮れからはバーとして楽しめます。

ティータイムは、14:00~16:00。

お飲み物やスイーツが、タダで頂けます。

1日目はアイスコーヒーと、オリジナルハーブティーのデトックス。

2日目はアイスのデトックスティーです。

ホテルメイドのスイーツと、フルーツやナッツ類を海辺でリラックスして頂きました。

アペリティフタイムは、17:00~19:00。

お飲み物やカクテルメニューがあり、夕暮れのリラックスしたひと時。

一口サイズのスプーンで頂く海鮮や、キッシュとノンアルコールのスパークリングワイン。

オリジナルハーブティーは、リカバリーを選択。

沖縄の海を見ながら、波と風の音で癒されます。

ピアノの生演奏で、さらに雰囲気が演出。

そんな中、夕食代を浮かそうとタダの食事にガッツいてしまう自分がいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました