クロアチア・スロベニア旅行 クロアチアはこんな国だった⁈5日目

海外旅行
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

旅も5日目。今日から北上しながら首都【ザグレブ】を目指し、目的地【シベニク】に向かいます。朝は遅めのAM8:15集合。

ちょっとゆったり。

ただ、【シベニク】までは5時間超とかなりのロングドライブ

昨日の【ドゥブロヴニク】も最高でした。幻想的で言うことナシ‼

スポンサーリンク

ドゥブロヴニクを出発して、またも国境越え

またしても、【ドゥブロヴニク】を出るのに国境を越えればいけません。

ドゥブロヴニク】は【ボスニア・ヘルツェゴヴィナ】との飛び地になっているので、しかたありません。行きと同様、国境を越える際の検問はスルーでした。

また、ハンコがもらえない…。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ】と【スプリット】の国境近くの休憩所での一枚。トイレタイムやお土産などを買いましたよ。

雲行きが怪しく、サーッと雨にみまわれ、今日は天気が悪いのか?

ロングドライブもなかな快適!バスも最新で座席幅も広く、道路の舗装状態もグット!

ドライバーのボクが言うから間違いナシ!

国の豊かさがわかる。今回の旅のドライバーさんの運転技術も申し分なく、5,60代くらいの方でしたが、2日目のローストポークの出たレストランでは、家が近所だったのか奥さん、子供たち2人と家族にも会えて親近感湧きました。

違いがわかる男になりたい、どこも同じに見えてきたシベニク『世界遺産』【聖ヤコブ大聖堂】

クロアチアの見所は、海沿いの教会だったり要塞だったりと、だんだん全て同じに見えてきた…、ダメだダメダメ!

今日も違いを探しにいきますよ!

こちら【シベニク『世界遺産』】に着くと、スッキリとした快晴。

気温も30℃越え。日向は暑い。

着いてすぐにレストランで昼食。

しかし、前の客が遅れて来たらしく、席が空いてない。30分、外で待つのも苦痛になり、ホントだったら室内での食事でしたが、ツアー仲間とテラス席での食事にチェンジ。

ブツ切りのサカナが出てきたのにはビックリ!

味はアッサリ塩味で、トマトソースがグット!ウマかった

ツアー仲間と大瓶のミネラルウォーター2本をシェア。

デザート。フワッフワののパンナコッタのような食感に、イチゴソースが掛かってウマい。

キレイな街。

世界遺産』シベニクの【聖ヤコブ大聖堂】。教会の装飾がステキ。

時計が何とも言えず、カワ(・∀・)イイ!!。

バラ窓に、ゴシック様式とルネッサンス様式の融合。

【聖ヤコブ大聖堂】最大の見どころ。

天使や聖人の像が巧みに彫られている。

大窓の上の方に、人が二人います!

見つけられるかな?

ここでもスーパーへ行くと、気軽に声をかけてくれました。

ホント、クロアチアの人は暖かい

クロアチアで会ったネコ

クロアチアのネコとの遭遇。

カワ(・∀・)イイ!!

世界一美しいと称される【ザダルの夕日】 バスは来ず、はたして間に合うのか⁈

結果、微妙に間に合ってないんですけどね…。

それまでの経緯は、こんな感じ。

シベニク観光を終え、ザダルへ

シベニクからザダルまで、バスで1時間45分ほど。

今回の旅では、前日くらいに高速道路で山火事があり、これに遭遇してたら高速道路は通行止めになってたらしい。

想像するだけで恐ろしい…。

予定より早くホテルに到着

当初、PM6:15くらいがホテル到着予定でしたが、PM6:00に到着。

ドライバーさんナイス!

今日のバス移動は長時間におよび、ドライバーさんの就業規則はここまで。

ザダルの夕日】までは別のドライバーさんになるとのこと。とりあえず、ホテルの前にPM7:00集合日没はPM8:00となっております。

今日泊まるホテル、「コロバーレ」。

なんだかデカい

今回のクロアチア旅行のいたるところで見かけたオリーブの木。

ホテルの部屋の目の前にあったのでパシャリ。

食事に出てくるオリーブはおいしかった。

集合時間のPM7:00になってもバスは来ず、ヒマつぶしにホテルのショップへ行ってみることに。

カウンターにいるのは店主の娘さん。

こんな時間でも、お母さんのお手伝いで窓ガラスをフキフキ、エライ!

ボクは店内で蚊に刺され、痒いなぁと腕を掻いていたら、店主のお母さんがコレをくれました。

アロエベラ。

なんてやさしい…感動

このお店では、こちらのグラスとブレスレットを購入。

すべてハンドメイド

いい買い物ができた!

結果バスは来ず、もともとのドライバーさんに泣きのお願い。

こころよく了承してくれ、日没のPM8:00に到着でした

世界一美しいと称される【ザダルの夕日】や【ザダルの太陽】と【シー・オルガン】

夕日は完全に水平線の向こうですが、空は夕焼け。

なんとか間に合ったというべきか?

日没に床が七色に光る「ザダルの太陽」や、

海岸に風が吹くと地面に埋められた装置が反応してメロディを奏でる【シー・オルガン】地面に丸い穴がそうです。

近づかないとよく聞こえなかった。

妻への土下座ではないです‼

ヨットが横を向いたときの一枚。

なかなか横になってくれなかった。

ザダルの夜の街を散策。きらびやかで活気があった。

ホテルでのディナービュッフェもPM9:00過ぎになり、食べてる途中で食べ物をさげられる悲劇が。こんなハプニングも旅の醍醐味

海外旅行で気になるホテルのお部屋

今日泊まるホテルの部屋。

オシャレな雰囲気で、シャワーの出は弱く、パジャマなし、歯ブラシなし、ドライヤーありでした。

バルコニーにはイスがあり、夜更けは涼しく、もうすぐやってくる旅の終わりを考え、しみじみしました。

おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました