【Netflix】”クイーンズギャンビット”チェス知らずでも共感

Netflix
この記事は約2分で読めます。

こんにちわ、かるごです。大人気の”クイーンズギャンビット“を【Netflix】で観ました。

1950〜1960年台のアメリカが舞台。当時のファッションだったり、主演女優の存在感がハンパありません。原作が小説の作品。

難しいチェスが題材で理解できるのか?そんな心配は一切いらない作品です。

スポンサーリンク

【Netflix】”クイーンズギャンビット 目力が凄い

主人公のエリザベスこと、ベス・ハーモン役にはアニャ・テイラー=ジョイさん。

演技中の目力、ハンパないです。

アニャ・テイラー=ジョイ
アニャ・テイラー=ジョイは、アメリカ合衆国生まれの女優、モデル。フロリダ州マイアミ出身。アルゼンチンとイギリス育ち。

日本の女優、桜井ユキさんに似てます。強い女性像にはピッタリな二人。

桜井ユキ
桜井 ユキは、日本の女優。大分県生まれ、福岡県久留米市出身。area、ユマニテを経て、スターダストプロモーション制作3部所属。夫は俳優の黒羽麻璃央。

家がケンタッキー州にあり、グレートアメリカンな雰囲気が漂ってます。家もデカく信号の少ない道など、古き良きアメリカがありました。

幼少期から頭が良く、チェスで天才ぶりを発揮します。

天才でチェス・・・?理解できるのか?と、心配になりましたが大丈夫。

よく凡人と言われるボクも楽しめました。

勝利をみんなと分かち合う場面では、自分もその輪に入ったかのような錯覚になります。

なぜ共感できるのか考えたとき、友達のゲームを横で見てる感覚に近いと思いました。

やり方やルールがわからなくても、隣で友達を応援しクリアしたときには一緒に喜ぶ、そんな感じです。

小気味良く動く駒のリズムも、チェスの難しさから遠ざけてくれます。

大事な試合の前日、ハメを外してしまうベス。最悪な体調で挑む姿に、誰もが共感できるのではないでしょうか。

【Netflix】”クイーンズギャンビット” まとめ

説明要らずの他の役者さんにも注目です。見た目でどんな人物か想像できるので、難易度をさらに下げてくれます。

冷戦時のソ連や、各地を飛行機で飛び回る姿に、旅好きもうっとり。コロナ禍で海外に行けない今、一緒に旅をした気分も味わえます。

天才が故の孤独も、周りのサポートに支えられ、優しさに満ちた心温まる作品でした。

”クイーンズギャンビット”、オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました