血圧は下も要注意!気になる急性心筋梗塞、糖尿病で自覚症状がわからない⁈

ブログ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

働き盛りの40~60代の方に多い心筋梗塞。

自覚症状で気を付けたいが、糖尿病との関わりで自覚症状がわからないことがあるそうで。

どんなことを気を付けたらいいかまとめました。

スポンサーリンク

心筋梗塞の様々な症状

心筋梗塞とは

心臓の血管(冠動脈)が詰まって血流が途絶え、その部分の心臓の筋肉が壊死してしまう病気。

前段階の動脈硬化

心筋梗塞の前段階として、「動脈硬化」が存在する。塩分や脂質の取りすぎで血管が劣化、そこにコレステロールなどが蓄積して(プラーク)と呼ばれる塊が付着する。

この(プラーク)が次第に大きくなって血流の流れを狭める。

主な自覚症状

胸痛、呼吸困難、意識障害、動悸などがあり、他にも肩こりや上腕のだるさ、下あごの違和感を訴える人も。

それらを自分で感じたら、近くのお医者さんか、かかりつけのお医者さんに相談。何もなかったら一安心です。

でも、糖尿病で痛みに鈍くなり、自覚症状に気づかないことも

糖尿病を患っていると、痛みに鈍くなり様々な自覚症状に気づきづらくなるほか、全く気づかない人も。

血圧は上だけでなく、下が高いのにも要注意

血圧の上を気にする人は多いですが、下が高い人も要注意。

血圧の下が90~100くらいで、尿酸値が高い人などは、心筋梗塞の自覚症状に気づきにくくなるので要注意です。

ラジオで聴いて気になったので記事にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました